スポンサーサイト 


スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リア・ディゾン 『家族構成や日本に来るまでのことなど』 


スポンサードリンク
リア・ディゾンと言えば、最初は日本人とアメリカ人のハーフだとばかり思っていたのですが・・どうやら、フランス系アメリカ人の母親中国系フィリピン人の父親とのハーフのようですねぇ・・ややこしいと言いますか、何々系と言われてもどこがどう違うのか日本人には分かりにくいのですが、素晴らしい作品が出来上がったということは私にも分かります!( ̄― ̄)ゞ フフッ
リア・ディゾンは兄弟も多く、六人兄弟の次女のようで、兄が二人と姉が一人、弟が二人だそうです。ですから父親がアジア系ということもあり、アジアである日本に抵抗がなかったのかも知れませんねぇ・・・
特に弟のBrad Dizon(ブレッド・ディゾン)とはナムコの3D格闘ゲーム、“鉄拳”の良き対戦相手のようで、子供の頃の思いでも色々とあるようで、覚えているのは、大喧嘩になって、リアを枕ですごく強くぶって、6フィートも飛んで壁に当たって落ちたこともあるようです・・男兄弟がいるとこうなんだよねぇ ( ̄△ ̄) !!
J-POPにも興味があったと同様に、韓国のK-POPや台湾の音楽にも興味があったみたいで、台湾の歌手のJay Chou(ジェイ・チョウ)の大ファンだそうです・・・( ̄~ ̄;) ウーン だれだれ
なので日本に行く!って決めた時も2週間足らずで即決して、速攻で全て放り出して日本へ来たようですね、友達にも日本に行って仕事することにした!って宣言した時はみんなから“リアらしい!”って言われたそうですが・・・
決めたら、周りが見えないそんな性格のリア・ディゾン・・恐るべしといったところのようですねぇ・・・ (/--)/ オテアゲ

【動 画】 ロンドン・ハーツ おしゃれゲートでのリア・ディゾンちゃん
   リア・ディゾン私服チェック

スポンサードリンク

リア・ディゾン 『現在のお気にのCDやら歌手やら』 


スポンサードリンク
リア・ディゾンちゃんの音楽のルーツは以前話したんですが、最近のこととか、最近聴いているようなCDが何なのか気になったのですが、やはりマニアックな英バンド“Muse(ミューズ)”の「Absolution(アブソリューション)(2003)」だそうです・・本人もインタビューで答えているようにちょっと古いですねぇ・・・
あとはやはり以前も話したレッチリ「Californication (カリフォルニケーション)(1999)」だったり、本人が好きだといって憚らない、R&BではCiara(シアラ)の「Evolution(エボリューション)」などが“マイ・ブーム”でよく聞いているようです。
ロックやR&Bとデビューした日本のJ-POPとは何だかイコールにならない気もして、特にデビュー曲の「Softly」なんぞはスロー・バラードですしねぇ (=`~´=)ウウン
ですが、本人は至って大丈夫なようで、J-POPも12歳位の時から聴いていたようで、日本人の友達や日本人のハーフの従兄弟がよくJ-POPを聴いていたようなので、割と違和感なく自然な形でJ-POPに馴染んでいったようですねぇ、ネットとかでローマ字表記の歌詞を探して、部屋で歌っていたようですから・・
特に日本人のシンガーでは“宇多田ヒカル”、“椎名林檎”、“森山直太朗”などが好きなようで、ソング・ライティングにも興味があるようで、その当時に聴いていた歌詞でかなり日本語の勉強もしたようです。
今回もシングルの通常版には3曲目に“Without Your Love”という曲がありますが、この曲はリアが自身で作詞もしていますし、現在、制作中のアルバムのためにと詩をかなり書いているようですので、今後も楽しみなリア・ディゾンちゃんですぅ!

【動 画】 初対面の宇多田ヒカルVSリア・ディゾンちゃん
  リア・ディゾンと宇多田ヒカル


スポンサードリンク

リア・ディゾン 『Softly』 デビュー・シングルですねぇ 


スポンサードリンク
いやぁあ・・少~し古い話ではありますけど、2月14日、東京・HMV渋谷でリア・ディゾンちゃんが歌手デビューイベントを行いました!
純白のミニのワンピース姿で登場し、「ハロー!! キンチョー、シテイマス」と典型的な、ダメダメ外国人張りの英語と日本語を交えてあいさつをし・・・。
デビュー曲「Softly」とカップリング曲「Everything Anything」の2曲を熱唱し、会場に訪れている140人のファンは狂喜乱舞しました!勿論私も!Softlyジャケットそして、歌い終わった後、リアは「3人ぐらいしか、いないんじゃないかと不安だったけど、こんなに来てくれてありがとうございます」と礼儀正しく頭を下げて感謝し、「みんな、ガンバローネ」と笑顔で呼びかけました。。。かわゆす
そして、そんなこんなで、デビューシングル「Softly」が、な・・何と!がオリコン初登場第7位!!
外国人女性アーティストのデビュー作として、グラビアタレントの作品として史上初の初登場TOP10入りだそうです!これも偏に皆様の努力の賜と感謝致しております(って私は事務所関係者では無いのですが)・・
アグネス・ラムも真っ青の快挙でございます!インド人のチャダもびっくり、しゃっくり、おぐりしゅんって感じです!目指せ!“ビビアン・スー”越え!いけいけ!リア・ディゾン ヾ(☆▽☆) アハアハ

【動 画】 「Softly」 PVより
   Softly PV








スポンサードリンク

リア・ディゾン 『音楽のルーツ』 ガールズ・バンドって? 


スポンサードリンク
元々が歌手になりたかったとインタビューでも答えているように、グラビアが先行はしているが、リア・ディゾンは歴とした歌手であります!元々よく聴いていた音楽も、Nirvana(ニルヴァーナ)Red Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリペッパーズ)みたいなヴァリヴァリなロックを聴いていたようです。特にNirvanaには思い入れがあるようで、「NEVERMIND(ネヴァー・マインド)」というアルバムを出した頃のことが特に印象深いようで、MTVが丁度、grunge(グランジ・ロック)を大きく取り上げていた頃で、リア・ディゾンもこのgrungeから沢山の影響を受けたようです。
今でもThe Smashing Pumpkins(スマパン)Nine Inch Nails(ナイン・インチ・ネイルズ)などなど、耳にすると思わず、「リア、懐かしいぃ・・」って身悶えする程、好きだったようですし、歌うことも好きだったとのことで、R&B系もかなり聴いていたとのことです。
その流れからか10歳位の頃にギター教室に通い始めて、そこで面白半分でちょこっとだけ、ガールズ・バンドを組んだみたいですが、他の女の子4人と一緒に数ヶ月位やって、リード・ギター担当だったらしいですが、結局すぐ止めちゃったみたいです・・・続けてれば、ひょっとして、ひょっとして、どうにもならなかったでしょうねぇ・・(‐^▽^‐) オーホッホ

【動 画】 リア・ディゾンが影響を受けたというニルヴァーナの映像です

ニルヴァーナ

スポンサードリンク

リア・ディゾン 『うえぶたま』 ニホンゴムツカシイッス 


スポンサードリンク
ネット上に眠る金の卵を発掘!” と、大変鼻息の荒いこの番組はインターネットの世界から「金のたまご」を発掘するというコンセプトのバラエティ番組のようです。
ネット上の面白いヒト、モノ、ネタを見つけ出し、新しいムーブメントを作ってしまう企画です。
金のたまごを紹介するのはヤギのモノマネでお馴染み?のバナナマンのふたり。そして、大変お待たせ致しました、リア・ディゾンちゃん、王様のブランチこと白石みきちゃんの二人に気に入ってもらえるか?
そして、スタジオには各業界の第一線で活躍してるバイヤー陣もいます。面白いと思ったら、そのまま商品化を検討するといった感じです。

〜番組の流れ〜

1.毎週ひとつのテーマを設けイチオシ作品やアーチストを紹介
2.バナナマンのふたりによるプレゼンタイム
3.プロフェッショナルに意見をもらったり、人気をはかる出口調査をしたり・・・
4.バイヤーによる契約タイム(商品化の権利をおさえるか否か)

とまあ、こんな感じですねぇ・・内容的にも「ゲーム」の金のたまごだったり、「写真」や「占い」など、個人的には「ペット」の回が面白かったですねぇ・・
で、我らがリア・ディゾンちゃんはと言えば、かなりの天然ボケさを炸裂させつつも、現在、日本語を猛勉強中とのことで、そんな事情を汲みつつ、リアちゃんに日本語を教えつつ、リアちゃんからは英語を教わろうという企画の「きょうのにほんご」という、コーナーがあるのでファンはそこだけがポイントかも・・因みに過去のものも含めた番組未公開シーンなどがウエブ上にもあるので、ご参考までにどうぞ・・リア・ディゾン恐ろかわゆす!

【動 画】 うえぶたま リアのきょうのにほんご より

うえぶたま

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。